<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< たまには遠征 vol.2 〜 家族旅行 in 男鹿川 〜 | main | ヒゲナガピューパ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
コンパラダン
コンパラダン アカマダラ

先日フライボックスを眺めていて、ふとコンパラダンが1つもないことに気づいた。

フライを始めた当時、確か最初に巻いたフライがコレだった。佐藤成史さんの本に載っていたコンパラダンに近づけるべく、何本も何本も繰り返し巻いた記憶がある。
本に紹介されていた中で『かっちょいい!』と思ったのはスタンダード。確かオリーブかなんかのパターンだったと思う。でも明らかに巻けない(ハックルもないし)。
そこで目をつけたのがコレ。
"簡単そう"。そう思って巻いてみてドツボにハマった。
シンプルであればあるほど難しい。そのことに気づくまでにかなりのフックを無駄にした。

こうしてみると、まだまだだな〜。まずディアヘア多いよ、コレ。
修行が足りません。


そういえば今年の解禁当初、いつもの里川でRWさんにお会いした。
なんとか自然に会話したけど、実は心臓バクバク。ゴルフやってる人がコースでジャンボ尾崎にバッタリ、そんな感じ?
かなり無理しました(笑)


Fries & Tying | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
コメント
私も佐藤成史のフライのバランス大好きです。 THE FLIES っていう本が今だバイブルです。。
| スギ | 2007/05/16 9:46 PM |
スギさん、こんばんわ〜。
僕も大好き。あれだけ綺麗に巻いて、それで釣れるってんだからスゴいフライです。
僕の中では『綺麗なフライは釣れない』ってイメージがあるんですけどねぇ〜。
釣れるのはフライと腕の総合力なんでしょうね。

私、両方欠けてる...でもそれはそれで楽しかったりするから不思議(笑)
| zari | 2007/05/17 12:09 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ffmcafe.jugem.jp/trackback/45
トラックバック