<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Quill Gordon Champagne | main | いつもの里川 vol.1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
理想の釣り
ライズ ライズリング

豊富な水が次から次へと流れてくる。思った以上に水深は深く、かろうじて見えるのは底にたなびく梅花藻。水流に揺れる梅花藻は所々で水面を揺らしては、一定ではない流れを作り、さらにはそれが折り重なって偶発的に水面が凪ぐ瞬間を生む。そんな流れ。
7月、お昼前でちょっと蒸し暑く、頭を下に下げると吐息で偏光グラス曇る。
梅花藻の中にヨコエビでもいるのだろうか、正面には底のほうで何かを貪る尺ヤマメが1匹、揺れる梅花藻の向こうに見え隠れする。そして5mくらい下流では2分毎に水面が窪む。窪んだ後にほんの少しだけ見える背鰭。

歩きに歩いた末に見つけた、宝石のようなディンプルライズ。

オオクマ ストマック

既にこちらはしゃがんで戦闘体制。背後は背の低いブッシュが広がっていて、しゃがんでのキャストはライントラブルの危険性がかなり高いが、なんせ目の前の尺ヤマメが動きそうにもないので立ち上がるわけにもいかない。
目の前の尺ヤマメを狙うか、下流のディンプルを狙うか。
ディンプルはヤマメならかなりデカいが、虹鱒の可能性もある。虹鱒ならサイズ的には中の下。嫌いではないが、目の前の尺ヤマメの魅力には劣る。それにこの場所から下流を狙えば、ファイト時に間違いなく目の前の尺ヤマメは散る。とはいえ尺ヤマメは目下ヨコエビに夢中。水面を見そうな気配はない。ニンフは苦手。
さてコイツが上を見るのを待つか、それとも下流を狙うか...
そんなことを考えている間にも下流では定期的に水面が窪んでいる。水面を流れる虫は見えないが、ライズの頻度から相当流下しているのだろう。見えないだけに検討もつかない。
この時期の日中にハッチする虫なんていたっけ?・・・ひょっとしてアリか?

なんとなく光明が見えたライズを狙うことに決めた。冷静に考えれば目の前のヤマメをニンフで釣ったほうが確実な気もするけれど、視界の端にギリギリ見える静かなライズを放っておけるほど僕は熟練の釣り人ではないらしい。疑心暗鬼に#18のアリを結ぶ。
ライズの具合から明らかに水面下。ツライチ沈めるために唾液で揉む。ん?ティペットが長すぎた。このままだと水面のヨレに揉まれて沈みすぎる。間に結んだ6Xを半分程度にカットして再度7Xを結ぶ。合計で14feet弱。
ラインをリールからゆっくりと引き出すと、なんだかマーキスの音がやたらとデカく感じる。なんのことはない、緊張して周りの音が聞こえなくなっているだけ。
狙いはライズより上流の奥、立ち位置からはややダウン。もろダウンでストレートにライズに流し込むと多分途中でヨレにルートを変えられてしまう。なので一旦奥に置き、引き寄せながらメンディングしてライズの数センチ奥に流す格好が、沈み過ぎない程度のラインテンションも維持できてベター。キャストは適当でいい。肝心なのはメンディング後のフライの位置。


フライ フライフィッシング

最初のキャスト。ちょっとメンディングが強すぎてライズより随分手前を流れる格好になってしまった。流しきってゆっくりとフライを引く。
次。今度はうまくいった。ゆっくりとフライが流れる。ただ残りのラインの長さが微妙。もう少し送り込んだほうがいいか、それともこのまま待つべきか...そんなことを考えていたらフライの数センチ横でライズ。フライはその波紋に軽く揺れてすぐにドラッグをかけて戻ってきた。このフライ、合ってんのか?
試しにフライサイズを下げてみる。#20の、申し訳程度にCDCを付けた羽アリ。ティペットも8Xをほんのちょっとだけ足して、7X部分にフロータントを塗る。
フライを結び変えている間に足元のラインが草に絡む。目の前の尺ヤマメの手前あまりオーバーに引き抜くわけにもいかず、慎重に草からはずしていると、別のほうのラインが別の草に絡まったりして意外としつこい。イライラする...

気を取り直して再度キャスト。2回目と同じ要領でメンディングも完了し、うまく流れに乗った。ただ相変わらず残りのラインの長さは微妙。
流れよりほんの少しだけ遅くフライが流れている。絵に描いたような演出。ライズ地点にフライが近づく...ガボン。
ワンクッション入れて合わせる。完璧。ブルルッとグリップにその感触が伝わる。ヨシ!
ところがその直後にフッと反応が消える。むなしく背後に消えるフライ。

『 え〜〜〜〜! 』

何故かすっぽ抜けた。完璧だったのになんで? アワセが弱すぎた???
頂点を迎えた興奮が一気に冷めて、頭は真っ白。後ろに飛んでったラインもほったらかしで、しゃがんだ格好のまま頭を抱える。『 絶対にあり得ねぇ〜 』と頭の中で反復するが、これが現実。何度も何度も溜息が出る。


ヤマメ

しばらくしてタバコに火をつけようと前を見ると、目線の向こうにさっきまで沈んでいたヤマメが浮いてきている。
『 あれ? 』
ムラムラと湧き上がる戦意。さっきのことは既に忘れている?
濡れそぼったフライに強く息を吹きかけ水気を摂り、静かに戦闘体制に入る...

釣れそで釣れない、理想の釣り。


Column | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
コメント
テッキリ本日が解禁だと思ってましたよ(笑)

シロハラチラホラ願ってますね〜〜意外とフタバなんて、考えると楽しみね〜〜良い釣り期待してますよ。

因みに、北来る時は、現在、ストック不足の為、案内料としてフライを徴収しますのでヨロシク(爆)
| j | 2007/02/28 10:44 PM |
あたりがし〜んとして、やけにリールの音が大きく聞こえる時があるっていうのは、よっくわかります。
自分の呼吸音も大きく聞こえます。
フライフィッシングするまで、そんな経験はありませんでした。
| Norry | 2007/03/01 10:12 AM |
jさん
ハハ、出陣は本日でした。ちょっと焦りすぎです(笑)

> 案内料としてフライを徴収しますのでヨロシク(爆)
ワタシ、カディスのストックありませんけど(笑)
| zari | 2007/03/01 9:55 PM |
Norryさん、どうもです。
ね〜〜、あのリール音って意識しすぎなだけなんでしょうけど、ものすげ〜気になりますよね〜。
『 ウィィィ〜〜 』なんつって(笑)
そんで気になるからゆっくりやると
『 ギリ...ギリギリギリギリィ〜 』なんつって(笑)

自分の呼吸音まで...それは過呼吸です(爆)
| zari | 2007/03/01 9:58 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ffmcafe.jugem.jp/trackback/21
トラックバック