<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
夏の渓
石徹白

夏。里川を歩くにはあまりにも厳しい季節。
でも山を登るにはなんとも快適な季節。

去年の釣りの写真を見てて、夏に行った石徹白を思い出しました。
友人やイワナ、それを取り囲む自然...
そこには暑いけど涼しげな、夏らしい風景が収まっていました。

俄然、やる気が出てきました。
今年も行くぞ〜〜!

続きを読む >>
Column | comments(4) | trackbacks(0)
理想の釣り
ライズ ライズリング

豊富な水が次から次へと流れてくる。思った以上に水深は深く、かろうじて見えるのは底にたなびく梅花藻。水流に揺れる梅花藻は所々で水面を揺らしては、一定ではない流れを作り、さらにはそれが折り重なって偶発的に水面が凪ぐ瞬間を生む。そんな流れ。
7月、お昼前でちょっと蒸し暑く、頭を下に下げると吐息で偏光グラス曇る。
梅花藻の中にヨコエビでもいるのだろうか、正面には底のほうで何かを貪る尺ヤマメが1匹、揺れる梅花藻の向こうに見え隠れする。そして5mくらい下流では2分毎に水面が窪む。窪んだ後にほんの少しだけ見える背鰭。

歩きに歩いた末に見つけた、宝石のようなディンプルライズ。

続きを読む >>
Column | comments(4) | trackbacks(0)
| 1/1PAGES |